ページトップへ

滞納 | 株式会社クライフ 賃貸の仲介や相続対策のコンサルティング

滞納&入居者
トラブル対応!

滞納

1.入居審査の明確な基準を設ける

 滞納の防止法は、一定の入居審査を行い、審査基準を明確にすることです。

よくないことは、目先の入居者獲得の為に、安易に審査基準を変更することです。

なぜなら審査基準を緩めることにより、後々トラブルに発展することが多いからです。

入居審査の明確な基準を設ける

 2.賃料集金管理

集金管理をしている物件は、随時入金確認を行っているため早期対応が可能です。

滞納があった場合に大切なのは『スピード』です。早期対応が早期回収の第一歩です。

3.口座振替サービス

ついうっかりで2~3日家賃の振込が遅れてしまう入居者がおられます。そういった滞納を未然に

防ぎ、滞納の発生率を抑えることができます。多くの金融機関が利用でき、入金額の間違いも防

止することができます。

4.滞納の早期解消と再発防止

素早い対応をすることにより、滞納の長期化を予防し、かつ、滞納者に連絡がとれないという事態

を未然に防止することができるので、結果として滞納の早期解消が期待できます。

家賃滞納の事実をどれだけ早く察知して、電話・書面・訪問などの方法で迅速に滞納者に対して連

絡できるかで、回収率が変わってきます。早期に対応しないと、長期滞納という最悪の結果につな

がる一因となってしまうのです。滞納初期の段階に連絡をすることは、極めて効果の高い長期滞納

防止法と言え、滞納者に滞納癖を付けさせないよう、滞納再発も防ぐ方法と言えます。

 

5.万が一の場合もしっかり対応!!

滞納者が賃料を支払う気がない、また支払える資力がなくそのまま住み続け、滞納額が増えていく

等で滞納が長期化した場合、オーナーと協議の上訴訟手続き代行を行います。

①内容証明郵便による書面発送

②裁判

③強制執行

という流れで手続きを行っていきます。

※手続きは弊社が行いますが、オーナーの皆様にはご協力を頂いております。

 

①内容証明郵便による滞納家賃の支払いの催促書と契約解除の通知を送付します。

⇒ 家賃の支払・解約の意思がある場合は、合意書を取交わしお支払いいただきます。

 

②家賃を支払わず、かつ退去されない場合は、建物明渡等請求訴訟の提起(裁判)を行います。

※合意できた場合は和解しますが、もし、成立しない場合は判決の言渡しを頂きます。

 

③和解や判決後においても明渡さない場合は、明渡しの強制執行の申立てを行います。

※上記に掛かる手続きにかかる費用はオーナーのご負担になる場合がございます。

滞納&入居者
トラブル対応!