ページトップへ

なぜ空室になるの? | 株式会社クライフ 賃貸の仲介や相続対策のコンサルティング

なぜ空室になるの?

なぜ空室になるの?

賃貸経営上、一番不安になるのは「空室」です。

空室になると、修繕費用がかかり、次の入居者募集に広告宣伝費がかかり、すぐに決まらなければ数カ月の

空室損失が出てしまいます。

 なぜ空室になるの?

では、なぜ空室になったしまうのか?いくつか理由があると思います。

①仕事関係の事情での退去。(転勤・転職・通勤等)

②新婚で入居したが、子供が生まれて手狭になってきた。(家族人数による)

③マンション・一戸建を購入したから。(不動産購入)

④家賃の支払いが厳しくなったから。(滞納問題)

④更新を機に。(更新料支払いによる)

⑤隣人(上下・左右の入居者)がうるさい。(騒音問題)

⑥長く住んでいて、設備も古くなってきたから。(設備問題)

⑦あまりきれいに手入れされていなく、物騒に感じるから。(共用部の美化問題)

等など、人それぞれに生活があり、事情がありますから、解約理由も様々です。

しかし、その中でも解決できることや、先手を打つことにより退去を未然に防ぐこともできるものもあります。

「退去を未然に防ぐ」 = テナントリテンション (テナント=入居者・リテンション=保持)

という考え方です。

上記の①②③④については、オーナーとしてはどうしようもない事情です。

しかし、特に⑤⑥⑦については、改善することにより退去を未然に防ぐことができます。

成約した時の理由、退去時の退去理由アンケートを利用することにより、より内容を把握することができ、

改善することにより、「テナントリテンション」へとつながります。

 なぜ空室になるの?