クライフ航海記

手紙 ~出航2518日~

財務部 柏木 自己紹介
2021/11/15(月) 財務部 柏木

こんにちは。

あと1ヶ月でクリスマスですね。

皆様はプレゼントの準備やケーキの予約など準備は進めていますか??

私はまだ何も出来てないので、今からあせっています。

 

先日、大学時代の友人からクリスマスカードが届きました。

葉書なので本当に短い文章なのですが、そこに気遣いの気持ちが溢れていて、とても嬉しい気持ちになりました。

同じ文章でもLINEとかでもらうのとは、また別の気分で手紙って書く機会は減ってきているものの特別なものって感じがするので私は好きです。

手紙に関していうと、とても好きな作品があってそれが【ヴァイオレットエヴァーガーデン】という作品です。

先日、金曜ロードショーではじめてみたアニメなのですが、とても感動的な話でした。

知らない方の為に簡単にあらすじを説明すると、4年間にわたる東西南北による大陸戦争が終結。

その戦場で「武器」と称されて戦うことしか知らなかった少女が自自動手記人形として郵便社で働きはじめることから物語がはじまります。

自動手記人形という仕事は、依頼者の伝えたい言葉を依頼者の話を聞いて代わりに手紙を代筆するという仕事です。

手紙は自分で書くのがもちろん良いですが、気持ちを上手く言葉に出来なかったり、そんな人の気持ちに寄り添いながら、手紙を代筆するといのは、とても素晴らしい仕事だなと思いました。

今はSNSが発達しているので、このような仕事は成り立たないのかもしれませんが、手紙という文化はなくならないで欲しいなと感じました。

私の考えなのですが、手紙って何故だか普段言葉に出来ないことや本音を言いやすい気がします。

だからこそ自分の大切な人に特別な日やそうでもない日でもLINEじゃなくて、手紙を書くようにしたいなと思いました。

皆様もぜひ身近な人に感謝の気持ちを込めて手紙を書いてみてください。

記事一覧

1ページ (全126ページ中)

ページトップへ