クライフ航海記

ツールを知る ~出航1573日目~

 PM事業部 家城 自己紹介
2018/07/09(月) PM事業部 家城

私が大学に入った頃、スマートフォンが普及し始めました。

iPhoneだけでなく、各携帯キャリアが、それぞれのメーカーのスマートフォンを販売し始めていました。

 

この頃から、Skypeというツールがあり、パソコンでチャットや通話ができていたのを

スマホ用アプリで出来るようになり、複数人でチャットを楽しんだりしていました。

 

その前は、連絡手段といえばメールや電話が主流で、私がもっと小さい頃はポケベルがありました。

集団での連絡は、連絡網がメインで、一番最後の人は先頭の人に電話して・・・なんてことをした記憶があります。

 

それが今では、LINEが普及し、通話、連絡網などが非常に簡単になりました。

 

業務においても同じで、非常に多くのツールやシステムが登場し、単純な事務作業の簡略化、

作業時間短縮によるコストカット等が可能となりました。

 

昔の時点から考えれば、夢のようなものに違いありません。

ただ、システムを使いこなせているかというと、そうでもないと感じています。

使っている内に、「あれ、こんな使い方もできるんだ」という発見をすることもあります。

 

ただ「使う」だけなら、どんなシステムでも使うのは勿体ない。

「使いこなす」ようになって、本当の時間短縮やコストカットに繋がります。

 

どの会社でも、何となく使用しているシステムやツールですが、その性能を100%使いこなせていますか?

もっと使える方法があるのではないか?

 

繁忙期を終えた今だからこそ、スピードを上げられるように考え、またやってくる繁忙期に対して

より良い準備を行い、質とスピードの両方を高められる準備をしていきます。

記事一覧

1ページ (全65ページ中)

ページトップへ