クライフ航海記

落し物 ~出航2230日目

財務部 柏木 自己紹介
2020/11/13(金) 財務部 柏木

こんにちは。

最近、デスク用に小さな加湿器を自宅から持ってきました。

やはり冬は乾燥して、風邪やコロナが蔓延してくるので、身近なところから、対策をしていかないとですね。

 

話は変わりますが、先日あるお店のフードコートで席を探している時にイスに忘れ物がおいてありました。
私としては、落し物をしたらお店に届けるのが当たり前と思っているのですが、
一応取りに戻ってくる可能性があるので、ご飯を食べ終わるまで様子見をしていました。

ですが、結局戻ってこなかったのでサービスカウンターに届け出ました。
無事に届けた後、財布が入っていたと知ったのですが、一緒にいた彼から親切心で届けても言いがかりをつけられ犯罪に巻き込まれることがあるから、見てみぬふりをする人が多いだよねという話を聞きました。

とてもびっくりして、調べてみたら、日本では高確立でもどってきますが、海外ではそのような考え方をするところもあるようですね。

そして、自分にとっては当たり前の行動でしたが、それが他の人の当たり前というわけじゃないということに気付きました。

ですので、当たり前という言葉を使用するっていうのは実は、難しいことなのかもしれません。

自分が当たり前と思っていることもきちんと相手に言葉として伝えないとすれ違いがおきる可能性があるということです。

つまり、私たちは「言葉を使って伝えること」に、もっと真剣に向き合うべきなのではと思います。

「当たり前」ははじめから無いものとして、相手の心にしっかり伝わる言葉を選んでみましょう。

記事一覧

1ページ (全126ページ中)

ページトップへ