クライフ航海記

初めての?~出航2299日~

PM事業部 鎌田  
2021/02/12(金) PM事業部 鎌田

こんにちは。昨日は暖かな過ごしやすい日でしたね。今日はそんな昨日の出来事を書きたいと思います。

昨日は車で出掛けていたのですが、道端でお爺さんを見かけました。ぱっと見80歳以上のご高齢の方です。

杖を突いて歩かれていたのですが、突然足が絡まったのか、こけてしまいました。すぐに起き上がる様子がなく、心配なので急いで車を降り、駆け寄りました。

呼吸も苦しそうで、会話ができず、こめかみから血を流していました。そこで初めて救急車を呼ぶことになりました。

電柱に書かれている住所と、近くの家の表札を伝えただけで、5分ほどで到着しました。救急車の到着に早さに驚きました。

無事お爺さんは運ばれていったのですが、初めての出来事でずっと心臓がどきどきしていました。

今回の出来事ですが、考えさせられたことがあり、救急車を待つまでの間、近くを通った人がいたのですが声をかけることもなく、

知らぬ顔して過ぎていったのです。もう介抱している人がいるからいいと思ったのかもしれませんが、少し冷たく感じてしまいました。

 今回の件とは関係ありませんが、電車でご高齢の方や、妊婦さんを見かけたら、席を譲る人と、音楽を聴いて見て見ぬふりを人がいますよね。

 正直、人を助けることは勇気がいることだと思います。実は助けは求めてないかもしれない、人を助けていい恰好をする偽善者と思われるかもしれない、

葛藤があったりします。ただ人を助けて後悔することはありません。

 自分の損得を考えず、目の前で困っている人がいたら助ける。それが当たり前にできる人でありたいと思った日でした。

記事一覧

1ページ (全110ページ中)

ページトップへ