クライフ航海記

エイプリルフール ~出航2338日~

2021/04/01(木) 財務部 柏木

3月も終わり、本日から4月ですね。

本日4月1日は、みなさんご存知エイプリルフールです。

エイプリルフールとは、嘘をついていい日ではなく、4月1日だけは「罪のない嘘やいたずらで笑わせてもいい」という習慣のことです。

起源は中世のヨーロッパとされていて、当時のヨーロッパでは3月25日を新年として4月1日までの1週間に春の祭りを開催していました。

しかしその後、1月1日を新年とする暦が採用されたことをきっかけに反発した人々によって、嘘の新年として馬鹿騒ぎするようになったのがエイプリルフールの由来だそうです。

実は、500年近くも続いているイベントということでびっくりですよね。

他にも、エイプリルフールにはルールがあり、他人を不幸にする嘘は禁止。

嘘をつくのは午前中、午後にはネタばらしをするのが風習のようです。

そして、エイプリルフールでついた嘘は、その一年は実現しないというジンクスがあるそうなので注意です。

ちなみに私自身は、エイプリルフールに嘘をついたことはありません。

冗談を言って楽しむイベントなのですが、顔にでてしまったり、隠しておくことが出来ないのでエイプリルフールには向いていません。

ですが、メディア等で明らかに嘘だろという情報をイベントのように取り上げているのを見るのは楽しいですよね。

今回調べていて面白いなと思った話があったので、紹介させていただきます。

2015年の4月1日、ニュージーランドの新聞にBMWからエイプリールスペシャルという題で「この広告の切り抜きを一番最初に持参してトムを指名した人には中古車を新車に交換します」というなんともエイプリルフールらしい広告が掲載されたそうです。

多くの人は「どうせウソだろ」と信じなかったですが、しかし開店後まもなくして、広告の切り抜きを持参した2人の女性がディーラーを訪れトムを指名したところ・・・。

「おめでとうございます」と指名されたトムから新車のキーを手渡され、2人は本当に新車のBMWを手に入れたのです。

これはBMWが仕掛けた「逆エイプリルフール」作戦だったのです。

今回の話は信じたことによって得をしたという話ですが、そもそもこの話は本当なのでしょうか?

エイプリルフールの話を調べていたので嘘かも知れませんね。

エイプリルフールのように嘘をついて、ネタばらしをするならまだしも世の中には真実ではない情報はたくさん溢れていて、それが真実か嘘かを見極めなければいけません。

特にインターネットで検索してということが多く、そこに掲載されてる情報を信じてしまいがちです。

全てを疑ってかかるのは大変なことですが、情報の取捨選択を自分の意思に基づききちんとしていかなければいけないと思いましたので、皆様もメディアの情報には惑わされすぎないようにしてくださいね。

記事一覧

1ページ (全151ページ中)

ページトップへ