クライフ航海記

ピンホール ~出航2776日目~

PM事業部 篠田 自己紹介
2022/10/20(木) PM事業部 篠田

こんにちは!

朝晩の寒さが酷くなってきました。

しかしホットコーヒーがより一層美味しくなる季節ですので

私は秋、冬も嫌いではありません。

 

さて、先日管理物件の入居者様より弊社に電話がありました。

「部屋の床が濡れています。」

さては上階からの漏水か?と考えましたが、

天井は特に濡れていないとのことだったので、現地に確認に行くと

ご自身で敷かれていたタイルカーペットは部屋の半分くらいまでびしょ濡れ状態。

協力業者様協力の元、壁に穴を開け、配管を確認したところ、給湯管からの漏水がありました。

 

ではなぜそのような漏水が起こったのか?

なぜなら、給湯管に『ピンホール』ができていたからです。

別名『孔食(こうしょく)』と呼ばれています。

ピンホールとは

金属表面で局部腐食が起こり穴が開いてしまうことです。

そしてその穴から漏水が起こってしまいます。

ピンホールができる原因としては

水の温度や流速、管の材質などいろいろな要因や条件が

複合的に作用して発生するといわれています。

通常のピンホールは目視で確認できるかできないか程度の本当に小さな穴ですが、

今回のお部屋の配管でできたピンホールは直径3mm程でかなり大きなものでした。

入居者様のご連絡が早かったのと、協力業者様の対応が早かったため

大事には至らず、無事に解決することができました。

 

記事一覧

1ページ (全144ページ中)

ページトップへ