クライフ航海記

人間の究極の幸せ~出航1642日目~

財務部 柏木 自己紹介へ
2018/10/09(火) 財務部 柏木

先日、外国の方に道を尋ねられ案内をしました。

ちょっとしたことなのですが、人に役に立つことが出来、幸せな気分になりました。

 

ここで、人間の究極の幸せとは、①人に愛されること②人にほめられること③人の役に立つこと④人から必要とされることというのを、あるテレビ番組で放送されていました

この究極の幸せというのは、仕事でも得られるものではないかなと思いました。

とくにクライフでは、この4つの幸せを感じられると私は考えます。

 

まず、自分に与えられた仕事をこなしながら、考え行動することで人の役に立ち、人から必要とされるようになります。

そして、その中でも常に創意工夫をして仕事をすることでより役に立ち、褒めて頂けることも増えると思います。

 

クライフでは、自分自身の意欲があれば、責任は伴いますが、新しい仕事に挑戦させて頂くことが出来ます。

挑戦を続けることで相手から認められ、ステップアップに繋がっていくのです。

 

社長のお話で、社会人何年生かというお話がありました。

社会人の学年は飛び級することも出来る反面、永遠に1年生のままというお話でした。

与えられたことをこなすだけではなく、自分自身のプラス1を作っていかなければいけないだと思いました。

頑張っている人は、魅力的です。自ずと人に愛されます。

つまり、仕事に対して貪欲に行動できれば、仕事で人間の究極の幸せを得られるわけです。

 

まだまだ1年生の私ですが、1年後には飛び級できるくらい頑張り、仕事でより幸せを感じられるようになりたいと思いました。

 

 

記事一覧

1ページ (全72ページ中)

ページトップへ