クライフ航海記

美容院 ~出航2536日~

財務部 柏木 自己紹介
2021/12/07(火) 財務部 柏木

こんにちは。

今年もあと残りわずかですね。

 

最近の私はというと、日曜日に髪をばっさり15センチくらいカットしてイメージチェンジをしました。

髪を切った理由としては、毛先の痛みが気になりだしてきたので、それなら思い切って切ろうと思ったからです。

私は、いつも美容院に行く場合ヘアスタイルを決めて行くのですが、今回はおまかせでお願いしました。

担当の方とは長い付き合いで、3年くらい毎月お願いしています。

ですので、私の好みを熟知したうえで、今までにない提案をしてくださいました。

結果としては、新たな自分に出会えたので良かったのかなと思います。

 

何事も自分1人の考えよりも他の方の意見を交えることで、新しいことに出会えるので人の意見を取り入れてみるというのも大切だなと思いました。

そんな私ですが、満を持して家に帰ったわけですが、家では「髪が短くなったね」の一言しかもらえませんでした。

やはり事実を述べるだけでなく、一言感想をもらいたいものですね。

そんなこんなで会社に来たのですが、なかなか気づいてもらえず切ない思いをしました。

ですが、その話をすると「髪を切ったね」と一言でもセクハラになる可能性があるとのことでした。

難しい時代だなと思いながら、本当にセクハラになるのか調べてみたところ、セクハラではないとのことでした。

よくセクハラは相手がそう感じたら、セクハラだという話がありますが、判断に当たっては、それぞれの感じ方を重視しつつも、平均的な女性労働者の感じ方を基準にすると法律で明記されているそうです。

おそらく多くの人が普通の会話だと感じるので、問題はないようです。

ですが、その後に何かあったの?彼氏と別れた?とか前の方が良かったね?とか相手が嬉しくない発言をするのは、セクハラに該当するかもしれませんとのことでした。

セクハラが何かというより、相手に不快なことを言わないという当たり前のことですね。

無理に詮索するのはダメかもしれませんが、切ったの?似合ってるねなどと言われて嫌な人は少ないと思います。

もちろん多くの女性は、気付いてほしいと思います。

家族、同僚、友人など身近な人の変化に気付いた場合はぜひ褒めてあげてください。

それだけで1日ハッピーになる人もいるのですから。

記事一覧

1ページ (全146ページ中)

ページトップへ