クライフ航海記

信頼と信用 ~出航2249日~

財務部 砂田 自己紹介
2020/12/07(月) 財務部 砂田

皆様おはようございます。

12月に突入して1週間になりますね。クライフでは後20日ほどで年末の連休に入ります。

やり残しのないように、気持ちを引き締めてまいります!

 

ところで話は変わりますが、皆さんは信頼と信用の違いはご存知でしょうか。

同じ意味のように思いますが、信頼関係とは言っても信用関係とは言わないので、ここに何か意味があるのかと思って調べてみました。

 

信用とは、過去の行動や成果を評価して確かなものであると受け入れることを指します。

つまり実際にあったもの、たとえば美味しい食事をいつも提供してくれるレストランが新しいメニューを出したとすれば、それもきっと美味しいだろう、と信用する、というわけです。

 

信用がそんな一方的な評価であるのに対して、信頼とは、未来の行動を期待することを指します。

例えば、面接で話し方や、志などを聞きますよね。こうした内面の部分は絶対の保証はありませんが、きっと活躍してくれるだろう、と未来を期待して採用します。

これが信頼です。

つまり信頼とは、信用できるだけの材料がなくても相手を信じることですね。

だから信頼関係という言葉はあっても信用関係という言葉はない、というわけです。

 

実績がなくても信じるというと、とても難しいように思いますが、それを可能にする人間関係というものを築いていけたらと思います。

記事一覧

1ページ (全120ページ中)

ページトップへ