高い入居率の理由

高い入居率の理由

・経営をするうえで大切な「入居率」

当たり前のことですが、賃貸経営では家賃収入がどれだけあるのか?がとても重要。

今までの賃貸管理業(募集・契約・家賃集金・滞納督促・クレーム対応・清掃・点検等)だけでは、

入居率を高く保つことは難しい状況です。

 これからの賃貸経営で必要なのは、ただ管理業務を行うパートナーではなく、経営的管理を行える、

プロパティーマネージャー(PM)です。PMの一番の業務は「オーナーの収益最大化」です。

少しでも高い家賃で決めるように、また空室や解約を減らすためにはどうしたら良いのか?それに、

日々の運営でかかる経費を同のようにしたら下げられるのか?等の努力も行った上で、年単位で把握し、

管理していくことが必要です。

1.CPM理論に基づいた空室対策

エリア内の需要バランスや投資分析に基づいた「物件の競争力」を高めるためのご提案を行います。

空室対策に必要な5つのP

クライフでは、5つのPを確認した上で、空室対策を実施します。

5つのP Place Product Price Promote Partner

 

2.管理業に特化しているからこそできる物件紹介

・クライフは管理業に特化した管理会社です。しかし業界内には仲介業務も行っている管理会社があり、

その場合、他の仲介会社とライバル関係にある為、仲介系管理会社から紹介された物件を敬遠されること

があります。クライフは仲介業を生業としていないため、仲介会社へすべての情報を提供し物件をきちんと

照会してもらうことが可能です。

 

仲介系管理会社のケース

 

 

クライフのケース

 

 収益を最大化するリノベーション、デザインリフォーム

マーケティングによって得た情報を基に、決まる物件にするための方法をご提案。物件を磨くことでもっともよい条件で

決まるお部屋に変えていきます。リノベーションやデザインリフォームもその方法の一つで、いかにコストパフォーマンス

高く入居者のニーズを満たすことができるかを追求しています。

収益を最大化するリノベーション、デザインリフォーム

収益を最大化するリノベーション、デザインリフォーム

4.モデルルームで住みたいと思わせる部屋づくり

・入居者募集中の空室にはインテリア・ライティングをコーディネート。何も設置されていないがらんとした

お部屋も、おしゃれなモデルルームのようにすることで、入居希望者に良いイメージを与えます。

モデルルームで住みたいと思わせる部屋づくり  

モデルルームで住みたいと思わせる部屋づくり

 モデルルームで住みたいと思わせる部屋づくり

 

 5.清潔感がキーワード 空室管理と定期巡回

・部屋を長期間空室にしておくとリスクも発生します。そこで、空室管理を行うことにより、

居室内の空気の入替えや封水のチェック、簡易清掃など行うことによりいつお客様に見て頂いてもよい

状況をキープします。定期巡回では、外壁、駐車場のライン、植栽、共用部の美化の状況などを確認し、

定期清掃や修繕のご提案を行うことにより、建物をより良い状態に保ちます。

 清潔感がキーワード 空室管理と定期巡回

 清潔感がキーワード 空室管理と定期巡回

 清潔感がキーワード 空室管理と定期巡回

 

 

 

 

ページトップへ