代表取締役 唐津 自己紹介へ

カッコいい人について ~航海3165日目~

2024/01/14(日) 代表取締役 唐津

日曜ブログの47回目。

2024初ブログです。

 

結局誰からの継続を要望する声もありませんでしたが、

実は毎回読んでいますなんて声もあったので、

今年もボチボチやっていこうかなと思っております。

 

「カッコいい人」についてです。

 

新年早々、キックボクシングに通い始めました。

ジムは思いのほかものすごい体育会系で、

年齢関係なく先輩の言う事は絶対の世界。

ジムの出入りの扉さえ気を効かせて

後輩は開け閉めしないといけません。

 

「おい扉開けろ」

と言われて扉を開けたら

 

「違うだろうが、隣のエレベータの扉だ。そんなのもわからんのか」

と怒鳴られる始末。

 

「エレベーターと言ってもらえたらわかります。」

と言い返す自分。

(アンガーマネジメントもなんのそのです)

 

 

「お前スパーリングでボコボコにしてやるよ、上がって来い」

というね・・・。

(腹立つけどボコられる)

 

こんな理不尽は許されない。

絶対強くなってこいつを見返してやろう。

 

いや、そもそも。

空手の師範が、昔言っていたぞ。

 

「本当に強い人は優しい」

 

って。

 

ということは、

こいつ(失礼)は弱いんじゃないか?

 

よしよし、すぐ超えてやるから吠えておけ。

猛練習?そんなもん苦労でも何でもないわ。

 

なんて経験をこの年になってしましたよ。

とほほ。

 

 

 ・・・・

 

 

・・・・・

 

 

夢でね。

 

 

 

なんでこんな夢を見たのか定かではないですが

この話、ビジネスの世界においてまったくの

ファンタジーでもないように思います。

 

練習できる環境にある人

時間がある人

お金がある人

才能がある人、

先に経験を積んでいる人

 

 

それは事実として。

 

それをずるいと捉える人

なのか

それを努力でまくってやろうとする人

なのか

 

 

努力でまくってやろうとする人は問題ありませんが

ずるいと捉える人は大抵ボコボコにされています。

 

世間ではガチャという言葉が流行っているようで、、、。

ガチャとは運のことを指すそうな。

 

親ガチャ、会社ガチャ、友達ガチャなんでも運。

25歳までの世代の大半は運が努力を勝っていると思っているそう。

 

さて、それは事実なのか?

はっきり言い切れます。

 

努力は運をはるかに上回ると。

 

そして後天的な運は努力についてくるような感覚もあります。

後天的な運は努力と挑戦と葛藤と挫折の中で

築かれていくものかなとも思います。

 

後天的な運を感じない時

ああ、努力してないな自分と

きっちり自分をシメるようにしています。

 

 

「いつまで運が悪いと嘆いているの?ださいよ」

と私は10代の頃の自分に叫びたい。

 

いや、叫ぶよりも想像したらわかるはず。

 

人並の努力しかしていないのに、

人並以上の幸せを求めて

運が悪いと、人を僻んでいるのと

努力でまくってやろうってのと

どっちが格好良いかな?

 

逆境に恵まれている人の方が

誰にも負けない勇気を手に入れられるチャンスが

多いと思わないか?

 

とにかくみなさん、ミスターチルドレンの「擬態」という曲の

歌詞を検索して読んでください。

(これ以上、文字数を増やしたくないのです)

 

いつもビハインドから始まる(そんなの当たり前)

障害も多いし、富もない(でも乗り越えられるし、乗り越えてきたよ)

そして強くなったし、優しくなった。

 

そんな魅力的で、恰好良い人、

そんな人に僕はなりたい。

 

過去の挫折や葛藤も、今となっては

自分のある種エネルギーにもなっているし

まだ燃えているので。

 

 努力でまくってやりますよ。

 

今日はこのへんで。

ではでは。

1ページ (全147ページ中)