クライフ航海記

見取り稽古 ~出航1713日目~

PM事業部 新井 自己紹介
2019/01/16(水) PM事業部 新井

こんばんは新井です。

 

今回のブログは私が中学生の頃のお話をしたいと思います。

私は中学生の時に柔道をしていたのですが、その時に道場の先生に言われた言葉で

印象深い言葉があります。

それは「柔道は実際に体を動かして技を覚えたり、練習試合をするだけでは早く上達することが出来ない。

上達の早い者は、自分が休憩している時でもほかの人の練習風景を見て、何か吸収できることがないかを

探している」という言葉でした。

これを見て学ぶ稽古なので「見取り稽古」というのですが

社会人になってこの見取り稽古がいかに大事なものかをより実感しました。

 

確かに、どんなことでも聞けば、やれば学ぶことが出来るのですが

加えて人のやり方を見て学ぶことで、自分の知りたいと思える幅を

広げることが出来ると思います。

 

自分が興味があることだけをするのではなく

周囲に気を配って、自分が学べるものをすべて学ぶ気持ちを大切にしようと思います。

記事一覧

1ページ (全78ページ中)

ページトップへ