クライフ航海記

攻めと守り=仲間 ~出航1133日目~

PM事業部 岸本  
2016/11/28(月) PM事業部 岸本 

皆さん、風邪など体調崩されていませんか。

私は、先週から風邪をこじらせてしまい、ようやく少しずつですが、

回復してきているようです。

咳風邪なんですが、咳がなかなか止まらず辛いです・・・・。

最近、一段と寒さが厳しくなっていますので、体調など崩されることのないように

気を付けてくださいね。

 

ところで、

攻めと守りって、物凄く深いと思いませんか。

例えば、

攻める事ばかりに力を入れすぎると、どこかに隙ができてしまい、

守りがおろさかになり、攻め込まれてしまいます。

逆に、

守ることばかりに、集中してしまうと、肝心な時に一歩前に出ることが出来なくなってしまう。

 

では?どうすれば良いのか。難しいと思います。

上手くバランスを取りながら、攻めたり守れたりできたら、良いように感じるかもしれませんが

それは結構難しいことです。結果は、おそらくどちらかに傾いてしまうことでしょう。

中には、上手くバランスを取っている方もいらっしゃるでしょうけども(´∀`)

 

だったら、何が良いのかと考えた時に出た答えが

攻めも守りも、どちらとも消極的にならないことを学びました。

特に、守る時に、

・気持ちをしっかりと持って積極的に守る

・気持ちを弱く、消極的に守る

では、意味がまったく違うと思うんです。

どんな困難な場面においても、

『絶対に乗り越えてみせる、守ってみせる!』と気持ちを込めて

立ち向かうことが大切!!!

また、

攻める時は、駆け引き=力の強弱が重要なので、

その場面や状況に応じて、気持ちをコントロールしながら、攻めなければならないと考えます。

 

そして、攻めも守る時も、最も必要なものは

力を貸してくれる【仲間】

応援してくれる【仲間】

であると、私はそう信じています。

 

【仲間】= 家族・先輩・同僚・後輩・友人・恩師

 

仲間がいるからこそ、

最も大切なのは、どんな時においても

しっかりと気持ちを持って、立ち向かうことができるんだと思います。

 

皆さんも、仲間を大切にしていきましょう!

 

記事一覧|2016年11月

ページトップへ