PM事業部 岸本 自己紹介

うるう年 ~航海3204日目~

みなさんこんにちは!

今日は夕方近くから雨模様ですね。

夕方頃外出しましたが、寒さはそれほどではなかったので

良かったです。暖かい春に徐々に近づいているのでしょうね。

それに付随して、花粉が徐々に感じる季節となりました。

まだそこまできつくはないのですが、たまに鼻がムズムズするので

またこの季節が来たかと?少々テンションが低くなってしまいますね(笑)

 

ところで、

今日は2月最終日、そしてうるう年になり【 2/29 】です!

皆さん、うるう年ってどんな年とか?意味とか?

必要とされる理由とか?聞かれたら、正式に答えられますかね。

うるう年は、4年1度、2月が1日多く、2/29まであるくらいは、

どなたも御存知じゃないかなと思います!

でも、それ以上の事って、あまり知られていないんじゃないかと

特に、若い世代の方は知らないように感じます!

そこで、

1.うるう年の意味

2.うるう年が必要な理由

について、お伝えさせていただこうと思います。

よろしければ、ご参照ください。

※ネットから抜粋

まず、1.うるう年の意味

うるう年の語源は『平年よりも日数や月数が多い』ことを表す言葉

『うるう(閏)』です。この『うるうがある年』だから『うるう年』と

呼びます。そのため、うるう年だけではなく、『閏日(うるうび)』

『閏月(うるうづき)』といった言葉もあるようですね。

次に、2.うるう年が必要な理由

なぜ、うるう年が必要なのでしょうか。

それは季節と暦のズレを解消するためだそうです。それは『太陽暦』による

もので、地球が太陽の周りをまわる周期をもとに作られています。

地球が太陽の周りを一回りするには、約365.24219日かかるようです。

それがぴったり365日であれば問題がないのですが、0.24219日という端数が

徐々にズレを生じさせていくようです。結果、徐々にではありますが

季節と暦にズレが生じてしまうようです。

だから、4年1度うるう年を設けて、2月に1日(1/4日✕4年分)を足して

調整しているのだそうです。

へ~!って感じた方居られるんじゃないですかね(笑)

ちょっとした豆知識でした!

 

明日から、3月になります。

気持ち新たにがんばっていきましょう!!!

1ページ (全152ページ中)