代表取締役 唐津 自己紹介へ

憧れについて ~航海2908日目~

2023/03/26(日) 代表取締役 唐津

日曜ブログの12回目です。

 

桜が満開に近づいています。

今のところは毎年恒例の通りすがり花見を楽しんでいます(笑)

とはいえ、人混みが大嫌いなので有名じゃないけど意外と立派な地元の駅の桜でも

コンビニでワンカップのお酒(普段買わない)を片手に歩きながら

見ようかなっと思っています。

 

入居の繁忙期は3月末と言われますが、

不動産管理の場合は6月ぐらいまでは繁忙期なので言ってしまえば、

桜が散ってから更にパワフルにやっていくイメージがあります。

 

加えて、色んなイベントや資格の勉強、出張も増えるし、、。

いやあ、毎年挑戦させてもらえてありがたいなあと。

 

そうそう先日、出張にいった際にバーに寄ったのですが

その時初めてあった人に「良い言葉を使うと運がよくなりますよね」と言われて

その方は社会的にいうとかなり成功者に部類される方なのですが

やっぱりそういう基本的な事がしっかりされているんだなとハッとしました。

 

時折言葉遣いに難がある自分を反省したわけです。

(周りの人すいません)

 

そんなことを英会話の先生と話していたら、良い言葉を教えてもらいました。

 

Don’t dwell in the past ,

Don’t dream of the future ,

Concentrate the mind of the present moment.

 

めちゃくちゃシンプルに意訳しますと

「過去を後悔するな、未来を心配すぎるな、今を楽しめ」

 

外国人の多くは過去を後悔するタイプが多いが

日本人は逆で未来を心配しすぎるタイプが多いそうですよ。

そんな違いも興味深いですね。

 

いずれにしても、過去や未来にとらわれて今を楽しめないのは

人生の時間の無駄遣いですよね。

 

私は楽しくない今を積み重ねて、どうして将来が楽しくなるのかなと思うタイプなので

どうやって今を楽しめるかって工夫をまず考えるようにしています。

それが手間だったり、苦労だったとしても(いや、大概面倒だけど)

その労を惜しむと今が楽しくなるので耐えられません。

 

で、、、

癒しから遠ざかっていきます(笑)

 

皆さんはどうですか?

 

 

さて、だいぶ冒頭が長くなりましたが

本題、憧れについて。

 

クルーみんなWBCで盛り上がってブログにも書いていましたが

大谷選手が憧れについて、

 

「今日だけは憧れるのをやめよう、憧れていたら超えられない」

 

とコメントしていましたが、まったく同意。

 

こんな私にも憧れの人はいますが、直接会っている時は「すごい」という言葉を

使わないように、「どうしたらこの人を超えられるんだろう」と思いながら過ごしています。

超えられないわけがないという負けず嫌いさも健在です。

 

だから、その人と会っている時はとにかく楽しいのですが、

その翌日から悔しかったり、自分の未熟さに腹が立ったりして

しばらく脳味噌が筋肉痛みたいになります(笑)

 

もとい、

そんな大谷選手がMVPになったのはそらそうだと思う中、

自分の中で素晴らしいなあと思ったのはまず決勝のキャッチャーの中村選手。

 

イニング毎に変わる投手の良さをあれだけ引き出せるって尋常じゃない

努力してたんだなと思ったのと、印象的だったのは目の力の強さ。

 

「目の力の強さ」というか目の輝き。

朝一番に全社員とアイコンタクトをとる時にも、

面接をする時にも一番重要視するポイントだったりします。

 

あとはやっぱり栗山監督ですね。

 

采配うんぬんは分かりませんが、

 

「今いるメンバーで最高の結果を出す」

 

のが監督の仕事で、それは経営者としても共通する部分であるので

そこは今回最高の仕事をされたなと。

 

色んなスポーツの監督やコーチの本やDVDを見るのが好きで

栗山監督も拝見していたのですが、その中で印象に残っているのは

 

「選手の成長のために、僕は彼らの10倍は努力するんだ」

 

という言葉です。

その言葉を聞いてから自分もストイックでも何でもなく、

当たり前の仕事として、そう思ってやろうと思ったのを覚えています。

 

社員が最高の笑顔で、最高に楽しんで仕事をして、成長を感じさせてもらえること。

それがとても嬉しくて、幸福感を感じる瞬間です。

 

その瞬間にいっぱい立会いたいので

そのためならストイックもくそもありません。

 

あ、また言葉遣いが(笑)

 

さて、、。

これからの繁忙期も「今を楽しんで」乗り越えていきますよ。

 

誰が何と言おうが自分が楽しんでるかどうかは自分が一番わかるでしょ?

楽しさは誰かに与えられるものを待っていてはダメで

自分から湧き出るものじゃないとね。

 

湧き出るものがあるなら、周囲の人にも楽しさを分けてあげることも

出来ますよね。

 

周囲の人、大切なんでしょ?

日頃めちゃくちゃ助けてもらっているんでしょ?

だったらね、やるしかないですよ。

 

憧れの人を追いかけているようで、

憧れの人になれるわけはなくて、

 

結局は、

憧れの自分を目指しているような。

 

そのためには

今を楽しむ覚悟がないとね。

 

いつだって人のせいや、環境のせいに出来るけど

それだと全然楽しくならない。

 

いつも覚悟が試される世の中ではあるけれど

結局は自分の覚悟次第なので。

 

今日はこのへんで。

ではでは。

1ページ (全159ページ中)