クライフ航海記

お弁当 ~出航2486日~

PM事業部 松永 自己紹介
2021/10/06(水) PM事業部 松永

皆様、おはようございます!

めっきり秋が深まり、朝晩は肌寒さを感じます。季節の変わり目は、特に体調を崩しやすくなりますので十分ご注意下さい。

さて、

本日は私のお弁当の話をしたいと思います。

毎日、妻が作ってくれている有難いお弁当なのですが、今日は息子の遠足と重なった事もあり、早起きをして2つ作ってくれていました。

私は普段通りに家を出て、昼食時間を迎えました。

お弁当を温める為に蓋を開けると、明らかにいつもと違う雰囲気のお弁当でした。

私は息子のお弁当を間違えて持ってきてしまったと思い、直ぐに妻へ電話をしました。

確認すると、どうやら同じ物を2つ作ってくれた様で、私のお弁当で間違いありませんでした。

いつもと違うお弁当で、気分も変わり、普段より美味しく頂きました。

きっと息子も遠足先で、さぞかしテンションが上がってる事だろうと思います。

愛妻弁当という言葉がありますが、今日はその言葉の意味を理解できたような気がします。

普段から、お弁当がある事を当たり前だと思わず、感謝の気持ちを伝えていきたいと感じました。

自分自身の幼少期は、いわゆるキャラ弁には縁はなく、シンプルなお弁当でした。

それでも今となれば、母からの愛情だったのだと感じています。

 私は、母親からの愛情に気付く事が遅かったので、

息子には、早く妻からの愛情に気付き、感謝出来る人間になって貰えるように伝えていきたいと思います。

 

 

記事一覧

1ページ (全126ページ中)

ページトップへ