クライフ航海記

復興への願い ~出航959日目~

PM事業部 岸本 自己紹介

熊本地震、報道されている状況を見て、一日でも早くいつも通りの生活に

戻られることを願うばかりです。

私も、直接被害は受けてはいないですが、阪神淡路大震災の時、当時学生でした・・・・。

深夜のアルバイトを終えて、実家で朝食を食べ終えた頃に、突如、今まで感じたことのない

揺れを感じました。そして、付近一帯が停電となりました。

近くのコンビニへ行き、懐中電灯などを購入しようと行ったけども、店の商品がすべて棚から

床へ落ちていて、商品が散乱状態で商品を購入できる状態ではなかった記憶が思い出されました。

そして、 

私は、当時大学生であり、後日大学で募っていたボランティアで兵庫県のとある避難場所へ、

炊き出しの手伝いに行きました。

その時も、建物は倒壊・半壊状態であったり、炊き出しをしていた近くの運動場が一部陥没していたり

など、地震の恐ろしさを目の当たりにしました。

 

今回の地震も、まだまだ余談の許さない状況が続いている中で

皆さん、不安な日々を過ごされていることでしょう。

自然災害は、突然私達を襲ってきます。日頃から、準備していたとしても、今回のように

突然襲ってきたら、なかなか冷静に対処できないと、正直私は思います。

もし、何か出来るとするならば、家族を安全な場所へ連れて行く!ぐらいじゃないでしょうか。

一人一人の命は大切です。

 

私自身、特別何かをすることは出来ないですが、これ以上、被害が大きくならないこを祈ること

一日でも早く復興されることを懸命に願い、応援しております!

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全144ページ中)

ページトップへ