代表取締役 唐津 自己紹介へ

思いっきりやることについて ~航海3103日目~

2023/10/29(日) 代表取締役 唐津

日曜ブログの39回目。

本格的な秋になりましたね、今年は暖冬になるそうです。。

 

個人的には寒いぐらいの方が運動の強度をあげやすいので

思いっきり体を動かしていこうかなと、、、

 

思った矢先。

 

手首をやってしまいました。

全治2~3週間だそうで。

 

腰痛が治ったと思ったら、肘を痛めて、肘が治ったと思ったら

今度は手首。

 

衰えを感じることはそんなにないですが回復のスピードだけは

きっちり遅くなっています。

それに合わせたケアをして、自分と付き合っていかないとですね。

 

ベストのコンディションっていつなのか?

なんて考えていたら、あっという間に過ぎ去っていきそうです。

 

さて本題。

「思いっきりやること」についてです。

 

今週とても楽しみにしていた人との会食がありました。

2人で会うのは初めてだったのですが、熱量最大で盛り上がり

お酒に酔ったというよりも、良い意味で人に酔ったという時間でした。

 

なんといいますか、

彼は仕事も、遊びも、自己研鑽も現在進行形で思いっきりやっていて、

それが魅力でもあるし、確たる自信があるからこそ驕りもなく謙虚でいられるように

見えました。

本でも面白いジャンルを読んでいたり、お寺にいって禅や、説法を学んだり、

ゴルフも、組織学もなんせ幅が広い。

 

面白い人であり続けたいよねなんて

話をしたら彼は言いました。

 

『面白い人って結局は沢山の経験をしている人ですよね。

さらに言うなら「乗り越えた沢山の経験」がありますよね。

愚痴や妬みやネガティブな要素って探しても見当たらないぐらいに』

 

さすが完璧に言語化して理解しています。

 

よく仕事でも、遊びでも思いっきりやれなんて言葉を聞きますが

意外とこれを実践出来ている人って少ないように思います。

 

調子の悪い人を見ていると

思いっきり仕事も出来ていないし、

思いっきり休めてもいないし、

思いっきり遊べてもいないという事に気づかされます。

 

自分が調子悪いときも、大体このパターンにはまっています。

 

・考えても仕方ないのに考えこむ(考えすぎる)

・休まないといけないのに休まない(回復しない)

・遊べない(楽しめない、視野が狭くなる)

 

こうなった時にこそ、体も脳も動かないし

沼にはまったようになります。

 

どうしようもないときは、ある程度のリスクもあるでしょうけど

とりあえずリセットすることが大事だなと思います。

中途半端が一番駄目です。

 

元気がない時は思いっきり休んで(パワーを蓄えて)

元気が出たら思いっきり遊んで(視野を広げて)

 

それから

思いっきり仕事をしていくのがいいのかなと思うのです。

 

創業社長はワーカホリックが多くて

仕事が趣味でもあり、仕事をしているのが幸せだという人も多いし

自分もその傾向にあるから否定はしないけど

多くの人にとっては目的ではなくて

自分の幸せのための手段として仕事があることを

考えないと、自分も社員も壊してしまいかねないと思うのです。

 

まあ、そこは人の気持ちになって考えるという

シンプルなところが大事になってはくるので押し付けもしません。

正直、適性もあると思うので。

 

ただ、

バランスをとって中途半端になるのは最悪です。

小さくまとまるのではなく、振れ幅の大きさが、感情の揺らぎが

人間としての魅力なので、

 自分には言い聞かせ続けていきたいと思います。

 

『思いっきりやれ』

ってね。

 

 

今日はこのへんで。

ではでは。

1ページ (全152ページ中)