PM事業部 濱口 自己紹介

大事なことはこれで学んだ ~航海3266日目~

2024/05/10(金) PM事業部 濱口

こんにちは!

最近ふと思い出した。

日本昔話の一話をご紹介したいと思います。

【なかよしの妙薬】

昔、ある村にたいへん仲の悪い嫁と姑がいました。姑は村人に嫁の愚痴ばかりこぼし、嫁は和尚さんに泣き言ばかり言っていました。

ある日の事、あんまり姑のいびりがヒドイので、嫁は和尚さんにお願いして毒を作ってもらいました。

その時、和尚さんにひとつ言われるのでした。

【どないにつらくても、どないに無理をいわれても、はい。と聞くのじゃ】

嫁は和尚さんに言われた通り、三度三度の飯に毒を混ぜて、姑が弱って死ぬのを待っていました。

しかし、予定の七日間たっても姑はピンピンしています。それどころか、最近はとても優しく嫁に接してくれるようになりました。

なかなか毒が効かないので、嫁はもう一度和尚さんから毒を作ってもらって、さらに延長して毒を盛り続けました。

しばらくたったある日、姑は「最近のお前は素直に言う事を聞いてくれるから私は嬉しいよ」と言って、

こっそり買ってきた反物をプレゼントしてくれました。

嫁は大慌てで和尚さんのところへ行って、こんなに優しい姑を殺そうとした自分の恐ろしさを心から詫びました。

しかし、和尚さんがくれた薬は毒ではなくただの葛粉でした。

和尚さんは、人から優しくされたいならまずは人に優しくしなさい、と大泣きしている嫁を諭しました。

その後の嫁と姑はお互いにいたわり合いながら、末永く仲良く暮らしたそうです。

是非検索してみてください。

始めと最後で旦那さんが出てくるのですが、結局この形がいいんだなと思いましたね!笑

先週の私のようでした!

大事なことは、日本昔話が教えてくれていました!

では!

1ページ (全153ページ中)