クライフ航海記

対策には基本が大切 ~出航1012日目~

PM事業部 岸本 自己紹介

今朝は結構涼しくて、過ごしやすい気候でありましたが・・・

天気予報では午後から☂模様とのこと・・・当たりです(T_T)

昨日のような大☂ではないので良かったですが、どんよりとした雰囲気に包まれています。

こんな時こそ、いつもより元気でテンションを上げる必要がありますね(^▽^)

梅雨なんかにめげる事なく、頑張っていきましょう!!!!

 

ところで、来月23日に相続セミナー第3回を開催します。

今回のセミナーテーマは『贈与』です。

贈与とは、基本諾成契約です。『財産を渡す人』と『財産をもらう人』、両者の意思の合致により

成立するものであり、その証拠として贈与契約書を作成しておくことがポイントですね!

しかし、贈与にはいろいろな落とし穴が潜んでいます。贈与と思って行っていても、

両者の意思が合致していないと贈与ではなく、財産を渡す人の相続財産として計算されてしまいます。

どういうことかと言うと、例えば、お父さんが息子に毎年贈与していたとします。

その贈与が、お父さんと息子、両者の意思がしっかりと確認されていて、

尚且つ贈与契約書を作成して行っていれば問題ないんですが、

もし、お父さんが息子のために財産を残そうと、意志の合致もないまま

息子名義の口座に財産を贈与していた場合、それは贈与と見なされない可能性があります。

せっかく、息子のためにと思って、長年贈与していたのが、何の意味もなくなることに

成りかねないので注意が必要です。ただ単に、非課税枠内の金額を渡せばいいのではありませんので。

 

 

相続対策には、贈与に限らず、いろいろな多くの対策がございます。

しかし、どんな対策にも、まずは基本を知ることが大切になります。

現在、開催しているセミナーは、相続対策の細かな難しいお話を伝えるのではなく、

基本的な事をお話する構成になっております。

できるだけ分かりやすいように、できるだけ難しい言葉を使わず、お話しようと思って、

行っておりますので、ご興味のある方、お時間のある方は

是非お越し下さい!共に学んでいきましょう!!!

記事一覧

1ページ (全143ページ中)

ページトップへ